危険な成分は含まれていない?本当に安心して飲めるのか検証しました

セノッピーは子供に安心して与えることができるグミ(サプリメント)なのでしょうか?

セノッピーは市販されているのだから安全なものに決まっているという意見は多いですね。
一方、他の子供には影響がなくても、我が子に問題が出そうなものが含まれていたら、セノッピーを食べさせたくないと思っているかもしれません。

そこで、セノッピーで使われている原材料や成分を一覧にまとめてみました。

水飴、麦芽糖、ゼラチン、濃縮グレープ果汁、粉末オブラート、ホエイたんぱく濃縮物、鉄含有酵母、はちみつパウダー、リンゴ果汁末、乳酸菌、納豆菌滅菌粉末、卵白蛋白加水分解物、DHA・EPA油、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、南瓜、さつまいも、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん/ソルビトール、香料、クエン酸、光沢剤、乳酸カルシウム、リン酸カルシウム、乳化剤、ビタミンD、キシリトール、ビタミンE、アルギニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、V.C、ラクトフェリン、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12

これだけだと、セノッピーが安全なのか危険なのか判断がつかないのではないでしょうか。

ソルビトールやキシリトールに関しては、「毒性の高い保存料であるソルビトールが入っているから危険」とか「2012年にソルビトールを摂取した女性が死んだ」などとセンセーショナルに報じられたこともあって、気になっているかもしれません。

1973年にある会社で砂糖の代わりにソルビトールを大量に使用したぜんざいを作った結果、激しい腹痛や下痢、嘔吐が起こったという事件もありました。

これらはソルビトールを過剰摂取したために起こった出来事であり、現在では食品添加物として使用される際には、上限値が決まっていますので問題ありません。
1日に塩を100グラムも食べる生活をすれば体調を崩すのと同じです。

その他、気になる点としては食物アレルギーがあげられるのではないでしょうか。

乳、卵、大豆、ゼラチンはアレルギー症状が出やすい食材として知られていますし、その他にもアレルゲンとなる食材が含まれているかもしれません。
食物アレルギーの有無は検査を受ければわかりますので、アレルギー治療を行う医療機関を受診するといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました