セノッピーを飲んだら高齢者でも成長できる?!上限は何歳まで?

セノッピーは何歳まで飲める・食べることができるのでしょうか?

セノッピーが食べられるかどうかという点だけで言えば、「販売元が推奨している6歳以上から、自力で食べることができる年齢まで」というのが答えになります。
高齢者でもセノッピーを美味しく食べることができます。

しかし、常識的に考えると、セノッピーを高齢者が食べても、体が成長するとは思えないですよね。
ボーンヘップやカルシウム、アルギニンなどが含まれているため、高齢者に多い骨粗鬆症のサポートには役立ちますが、身長や体重を増やす効果は期待できないでしょう。

同様に、成人を過ぎた大人がセノッピーを飲んでも、成長する可能性は極めて低いです。

成長サポートのためにセノッピーを食べさせるのであれば、第二次性徴期が終わって、体格の成長が一段落つくまでとなるでしょうか。

骨の両端にある「骨端線」という軟骨の部分が膨張することによって身長は伸びますが、この骨端線が完全に骨になると、それ以降は成長することはありません。

個人差はありますが、第二次性徴期が終わるのは、男性は17~18歳前後、女性は15~16歳前後となります。
まれに、二十歳を過ぎても骨端線が成長する人もいます。

セノッピーは6歳から飲ませたほうがいい?

セノッピーを食べる年齢の上限は「第二次性徴期が終わるまで」というのが一つの目安になりますが、販売元では6歳から食べさせることを推奨しています。

セノッピーを食べさせるだけであれば、3歳ぐらいからでも可能ですが、まだ飲み込む力が弱く、歯の成長も不十分なために、セノッピーを食べて飲みにつまらせるリスクが伴います。

このため、3歳から6歳前後までにセノッピーを与える場合には、細かく刻んだ上で食べさせたり、親御さんが十分に様子を見た上で食べさせたほうがいいでしょう。
万が一、セノッピーを喉につまらせた場合には、すぐに吐き出させられるように背中やお腹を叩く必要があります。

6歳以降であれば、飲み込む力が十分に備わってきますし、乳歯から永久歯に変わり始める時期のため、自力で噛み砕くこともできます。

子供の体は生まれてから第二次性徴期が終わるまでの間、スピードは変わりますが成長し続けることから、十分な栄養補給を継続することで、スムーズに成長することができます。

もちろん、成長に必要な要素は、食事による栄養だけでなく、適度な運動と十分な睡眠も欠かせません。

幼い頃から、家の中でゴロゴロしていたり、夜ふかしするのが当たり前という生活をしていると、十分に体が成長しきらないおそれがあります。
健康的な生活をするように心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました