セノッピーを褒めるブログはステマだった?!本当に信用できるのか?

セノッピーについての広告が増えてきた気がしませんか?

Yahoo!などのWebサイトに表示される広告でもセノッピーを見かけますし、タレントや子役などがブログやインスタ、ツイッターなどで広告宣伝している様子を見ると、ステマもいいところだなといった印象を受けます。

森三中の大島さんはセノッピーの広告塔的な役割(イメージキャラクターとよんでいるそうです)ですから分かりやすいとしても、少し探せば、ステマ的な広告記事は簡単に見つかります。

セノッピーの商品紹介ばっかりして、「食べたら美味しかった」といった感想や、「今後に期待です」「子供のために、何とかかんとか」などとお茶を濁して終わる記事ばっかりですから分かりやすいですよね。

このようなステマ記事を鵜呑みにしても、全くといっていいほど参考にならないことは明らかです。

また、「3ヶ月後に身長が伸びました」とか、「カラダが大きくなりました」などと証拠もなく書かれている口コミもありますが、逆にあやしいですよね。
本当にセノッピーを食べた結果なのか、それとも第三者からは確認のしようがないからと言って、嘘やデタラメを書いているのか、判断が付きません。

この手の悪質なブログ風広告に関しては、ニュースサイトなどでも記事にされています。

「常識的に考えて溶ける訳ないでしょ」 “焼き鳥とビールが水になる”痩せサプリ、販売会社が効能ないと認める
編集部でサプリを購入し、焼き鳥が水になるのか実験してみました。
「短期間でしみ消える」根拠なし 「アルバニアSPクリーム」など販売する企業に措置命令
合理的な根拠を示さなかったということです。
「花粉を水に変えるマスク」などに景品表示法違反 消費者庁がメーカー4社に指導
DR.C医薬、アイリスオーヤマ、大正製薬、玉川衛材に、表示を改善するよう措置命令を行いました。
「太る効果」うたうサプリに根拠なし 消費者庁が措置命令

少し探しただけでも、これだけ見つかるぐらいですからウンザリしますよね。

悪質なケースだと、消費者庁から行政処分を受けたり、景品表示法違反や薬機法違反などで警察に逮捕・検察に書類送検されるなどといった場合もあります。
逮捕まで行くのは「不治の病気が治る」とか「難病改善」などのケースが多いですね。

セノッピーでは、2019年8月時点で行政処分や逮捕などと言った悪質なケースはありませんでしたが、根拠もなくいいことだけが書かれているブログ記事は特に注意したほうがいいでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました